前へ
次へ

賃貸マンションの退去時に注意すべきこと

引越しをする際には賃貸マンションの契約を解除することだけでなく、退去時にすべき手続きを確かめて段取りを決める必要があります。退去時は急に不動産屋に申告すると物件のオーナーとの交渉をしにくく、最低でも1ヶ月前までにするようにしないと時間に余裕がなくなるものです。オーナーは入居者から退去されることを伝えられると予定通りの家賃収入を確保できないことになり、急にすると計画が狂うため迷惑がかかります。賃貸マンションは退去時に入居時と同じ状態に原状回復を行い、模様替えなどをした場合は元に戻し次の入居者に引き渡せる状態にすることが必要です。退去時は設備の摩耗などがあれば修繕費用を請求されませんが、ハウスクリーニングや過失による修理費用などがかかります。賃貸マンションの退去時に注意すべきことは入居時に手続きの流れを確認し、次の入居者に引き渡せる状態になるように協力することです。修繕費用はガイドラインに定められている項目以外のものがあれば請求され、敷金がない契約内容であれば負担する金額が増えることもあります。

Page Top