前へ
次へ

分譲賃貸マンションを借りる際の心得

賃貸マンションと分譲賃貸マンションでは、借りる際の心得が大きく異なってきます。例えば、賃貸のマンションであれば、1棟まるごとをオーナー、もしくは、不動産会社が所有しているため、規約がすべての部屋に適用されることから、賃貸物件を利用する際の条件が統一されています。しかしながら、分譲の賃貸物件の場合には、オーナーがそれぞれに異なり、また、貸し出している理由も大きく異なってきます。さらに、賃貸では当たり前の故障による保証などにオーナー自体が素人だというケースも少なくありません。そのため、トラブルが発生しやすい友言われています。トラブルを回避するためには、やはり最初が肝心です。オーナーときちんと話し合いの場を持ち、トイレやエアコンなどの故障などの際は、どちらが負担すべきかということの細かい取り決めをしておく必要があります。また、賃借人としてきちんと約款などには目を通し、トラブルの予防に努めることです。

Page Top